韓国時代ドラマ「イ・サン」の意外な相関関係

 

韓国時代ドラマの大作「イ・サン(李祘)」は、韓国の朝鮮王朝時代の正祖チョンジョ(22代目の王)を中心とした時代を物語として作成されています。

朝鮮王朝の王家なのでつながりがあるのは当然ですが、その中でもこのイ・サンにも登場した英祖ヨンジョ(イ・サンの祖父。21代目の王)が意外な相関関係を持つ人物。

NHK総合2013年1月20日放送開始の韓国時代ドラマ「トンイ」の主人公トンイ(後の淑嬪崔氏)の息子が英祖です。そしてドラマに登場する翡翠の指輪こそ3代の結びつきを示すもの。これはドラマの監督の粋な演出(創作)ですが、イ・サンとトンイはどちらもイ・ビョンフン監督の作品です。

イ・サンの44話:形見に指輪の英祖が亡くなるときにソンヨンに渡す翡翠の指輪がその結びつきです。よーくセリフを思い出してみましょう。「これは私の生母、淑嬪崔氏が・・・・」というところ。

英祖は自分の母親の身分が低く後宮で苦労したのをかなり気にしていたといわれています。その姿とソンヨンの運命を重ねたのかもしれませんね。淑嬪崔氏のドラマ「トンイ」では31話にその指輪が登場します。こちらもお見逃しなく!

イサン【イ・サン44話】

⇒動画(MBCClassic) 「形見の指輪」 (韓国語です。)

 

こんな記事も読まれています



サブコンテンツ

このページの先頭へ