韓国ドラマを思いっきり楽しみたい!というときに役立つ見放題・動画配信サービス比較

 

今回は「韓国ドラマを好きなときに楽しみたい!」「動画配信サービスっていろいろあるけど、どれが一番便利でお得なの?」という方のために、韓国ドラマ視聴に役立つ情報をまとめてみたいと思います。

動画配信サービスは、いろいろありますが、それぞれ得意なジャンルが異なっていたり、見放題でみれるタイトル数も様々です。それぞれの動画配信サービスの特徴を知れば、お気に入りの俳優やドラマを好きなときに好きなだけ見ることも出来ますよ。

 

見れる韓国ドラマのタイトル数とジャンルで選ぶなら 歴史時代劇・ラブコメまで多彩

配信サービスは、私たちに配信するための動画の権利を買い付けて、それを視聴してもらうことで成り立っています。そのため、どのジャンルのドラマや映画に力を入れているかで、見れるタイトルが異なってきます。
韓国ドラマのタイトル数の多さでおすすめしたいのが次の動画サービスです。

★ U-NEXT ★
見れる韓国ドラマ数は383本で、数ある動画配信サービスの中でも一番タイトルが多いです。
「太陽を抱く月」や「私の名前はキム・サムスン」、「宮」といった有名どころのドラマは大体押さえているサービスですね。それ以外にも、「元カレはユーレイ様」や「キルミーヒールミー」などの新作も多いのが特徴です。

動画配信サービスで韓国ドラマを楽しむとしたら、まっさきに候補に挙がるのがこのU-Next。私も利用していますが、一番のおススメです。「善徳女王」や「朱豪」など歴史時代劇の大作はU-Nextでしか見れない人気のドラマです。

 

★ dTV ★
dTVの韓国ドラマ・映画の配信数は378本程度。U-Nextと比較すると少ないですね。
大手のエイベックス・NTTドコモが運営しているだけあって、韓国ドラマ以外の日本・海外のドラマ、ミュージック系の配信数が多いのが特徴です。
韓国ドラマのラインナップは、「トンイ」や「イ・サン」などイ・ビョンフン監督の歴史時代劇が強いです。月500円とU-Nextに比べて低額ですが、それだけ、見たいタイトルの数もそれ相応といった感じです。

 

★ Hulu ★
韓流・華流のドラマには力を入れていません。

 

お得なサービス、無料動画が充実しているのは?

★ U-NEXT ★
多くの配信サービス同様、見放題作品と、追加料金が必要なレンタル作品という2種類の配信があります。
新作ドラマや、新作映画はポイントを使ってレンタルするという仕組みです。(200~600p)ポイントは、月額料金以外に購入して利用する形ですが、毎月1000円分のポイントがタダでもらえるので、その範囲内であれば、好きなレンタル作品も見ることができます。(月額は1980円ですので、実質980円ですね)

レンタル作品には新作ドラマや、新作映画も含め、作品数が非常に多くあり、メジャーな映画は押さえられていると思います。特に、現在放送中のドラマを、即配信してくれるサービスはすばらしく、見逃した場合とか、最新作映画をすぐに見たい場合にはすごく便利です。

また、U-NEXTは集英社、講談社、小学館とも提携して、電子書籍サービス「BookPlace(ブックプレイス)」も展開しているので、雑誌も読み放題が付いてきます。また、余ったポイントで新作の電子書籍やマンガを買う事も可能です。私の愛読雑誌「韓流ぴあ」もあります。 電子書籍は200,000冊以上あるし、動画だけでなく、本にもポイントを使えるので非常にお得だと思います。

★ dTV ★
見放題作品、追加料金が必要なレンタル作品の2種類配信です。
レンタル作品はサイト内での課金が必要になります。大体400円程度です。ただdocomo利用者はdポイントを使ってレンタル作品の支払にあてることができます。また特にミュージック系に強く独自サービスのBeeTVでは国内のお笑い、バラエティ、動画が充実しています。

料金は月額500円(税抜き)で動画配信サービスの中ではいちばん安いです。見放題サービスを利用したおすならコスパは高いです。

★ Hulu ★
見放題作品のみです。Hulu内での課金はありません。
海外ドラマ・映画、日本テレビのドラマ・バラエティが充実しています。またフジテレビのオンデマンドも配信しています。他社にはない海外ドラマの独占配信があるので海外ドラマが好きな方は楽しめます。

また過去の見逃し番組が充実しているのと、リアルタイム配信(ライブとか)が特徴です。
料金は、見放題作品のみで月額933円です。

 

家族で同時に楽しめるサービスは?

★U-NEXT:
ファミリーアカウントという仕組みがあり、家族4名まで同時に視聴できます。アカウントも4つとることができるのでそれぞれ好きなものを楽しめます。

★dTV:
一つのアカウントに最大5台までデバイスを登録することができますが、同時視聴は出来ません。個人向けです。

★Hulu:
同時視聴はできないので個人で楽しむのに特化したサービスです。

 

便利に動画を見るための対応端末は?

どの動画配信サービスも基本的にはスマートフォンタブレットパソコンテレビゲーム機で視聴可能です。ただ一部のサービスや作品では端末が限定されるものがあるので注意が必要です。

★U-NEXT:
テレビの視聴は対応機種が限定されます。主要メーカーは網羅しています。

★dTV:
テレビの視聴は対応機種が限定されます。またパソコンのブラウザはではGoogleChromeでは視聴できません。Silverlightがサポートされているブラウザ(IE、Firefox、Safari)のみになります。
また作品によってタブレット・スマホでのダウンロード視聴は“Android”に限定されます。レンタル作品は基本的にiOSでの視聴はできません

★Hulu:
対応ゲーム機がいちばん多いが特徴です。

 

動画のダウンロード機能で楽々視聴

動画視聴では大量のデータ通信が必要になるため、ネット環境によって速度、画質、配信自体に大きく影響します。とくにモバイル端末(スマホ・タブレット)はその影響を受けやすいです。途中で画像が止まったり、通信容量の上限に達したりするのは結構ストレスです。動画のメリットがないですよね。

それを解決するのが“ダウンロード”です。これで通信量を気にすることなく持ち運びができます。特に格安スマホではうれしいサービスです。

★U-NEXT:
ほぼすべての作品でダウンロードできます。ただ視聴可能期限が2日間です。

★dTV:
ダウンロードできる作品とできない作品があります。またタブレット、スマホへのダウンロードは“Android”限定ですので注意が必要です。ダウンロードした作品の視聴有効期限はありません。

★Hulu:ダウンロード機能はありません。



このページの先頭へ