2016年おすすめ韓国ドラマを授賞式からチェック!

 

10月から年末にかけて韓国エンターテイメント、韓国ドラマ、K-POPの祭典が目白押しです。ここでの韓国ドラマの授賞作品や受賞俳優を知ればその年の話題の韓国ドラマ(日本では半年~1年遅れ)をいち早くチェックできますよ。

韓国ドラマのおすすめを知りたい方や何から見始めていいかわからない新規ファンまで視聴の参考になるのが賞の受賞と視聴率。必ず話題になったドラマや社会現象になった人、ドラマの内容を加味しての授賞になりますので、私も参考にしています。

まず2016年10月2日に行われたAPAN STAR AWARDの授賞式を見てみます。

2016年話題の韓国ドラマから俳優まで 日本での放送が待ち遠しい!

APAN STAR AWARD(アジア太平洋スターアワード)はDMCフェスティバルの一環として開催されるドラマに関連したの授賞式です。前年の11月~今年の10月までに放送された全ドラマが対象となります。もとはK-Drama Star Awardsだったが、韓流ドラマの人気の高まりを受けて2013年の第2回目以降、アジア全域を対象として韓流ドラマのグローバル化をはかったものとなりました。

私は同じく10月の上旬に開催される「コリアドラマアワード」の前哨戦として見ています。

2016年はやはり中国、韓国で大ヒットした『太陽の末裔』が本命でした。日本の俳優さんも受賞してますね。

◇大賞:ソン・ジュンギ(太陽の末裔)
◇今年のドラマ賞:太陽の末裔
◇中編ドラマ女性最優秀演技賞:ハン・ヒョジュ(W-二つの世界-)
◇中編ドラマ男性最優秀演技賞:チョン・ジヌン(シグナル)
◇長編ドラマ女性最優秀演技賞:キム・ソヨン(家和萬事成)
◇長編ドラマ男性最優秀演技賞:アン・ジェウク(子供が5人)
◇中編ドラマ女性優秀演技賞:ソ・ヒョンジン(また、オ・ヘヨン)
◇中編ドラマ男性優秀演技賞:ナムグン・ミン(リメンバー‐息子の戦争)
◇長編ドラマ女性優秀演技賞:チョン・ユミ(六龍が飛ぶ)
◇長編ドラマ男性優秀演技賞:イ・ピルモ(家和萬事成)
◇女性演技賞:キム・ジウォン(太陽の末裔)、イェ・ジウォン(また、オ・ヘヨン)
◇男性演技賞:チン・グ(太陽の末裔)、キム・ウィソン(W-二つの世界-)
◇ベストカップル賞:ソン・ジュンギ-ソン・ヘギョ(太陽の末裔)
◇女性新人賞:ヘリ(応答せよ1988)、キム・ユジョン(雲が描いた月明かり)
◇男性新人賞:パク・ボゴム(応答せよ1988)、ユン・ギュンサン(ドクターズ)
◇演出賞:シン・ウォンホ(応答せよ1988)
◇作家賞:キム・ウンヒ(シグナル)
◇グローバルスター賞:イ・ビョンホン
◇今年の特別俳優賞:國村隼
◇2016アジア太平洋特別賞:コカン・アルカン(トルコ)、ジェイネプ・チャムズ(トルコ)
◇ベストアジア太平洋スター賞:ソン・ジュンギ、キム・ヒソン、タナヨン・ウォンタラクン、Jessy ◇Mendiola、ジョー・タスリム、成宮寛貴
◇2016ライジングスター賞:ファン・チヨル、ダレン・ワング



サブコンテンツ

このページの先頭へ