韓国ドラマ「ごめん、愛してる」あらすじ・相関図・キャスト

 

日本でも2017年7月8日より放送される長瀬智也主演のドラマ「ごめん、愛してる」はもともと韓国の大ヒットドラマ『ごめん、愛してる』(邦題)のリメーク版です。

日本でも人気の高い『冬のソナタ』以来の恋愛ドラマとして韓国では平均視聴率25%を維持する人気のドラマです。韓国語で『미안하다, 사랑한다』(アナダ ランハンダ)というドラマのタイトルで、放送中にはドラマが気になり何も手につかなくなる“ミサ廃人”(タイトルの頭文字をとって)が続出。熱狂的なファンの間ではセリフやファッションが流行するなど社会現象を起こした話題のドラマです。

日本のリメークをはじめ、中国・トルコでもリメーク版がつくられ、台湾・インドネシア・UAEなどの国でも放送された人気のドラマです。

ドラマはよく韓国ドラマである家族の憎愛が恋愛にからんだ内容になっていますが、もう一つ韓国に特有の海外養子縁組がモチーフになっているところが文化的な背景のある作品になっています。

お試し無料動画dTV>>>原作「ごめん、愛してる」の動画が一機見できる!

ドラマ概要

 

 

あらすじ:

幼い頃にオーストラリアに養子に出され、ストリートパフォーマーとしてその日暮らしのすさんだ生活をしているムヒョク。韓国の母親のことを思い自分の境遇を納得させている。恋人のジヨンがいるが彼女は愛よりお金をとりムヒョクを捨ててマフィアのボスとの結婚を決める。ジヨンへの愛とまだ見ぬ母への思いを支えに生きてきたが、その愛を失いムヒョクは少しずつ歯車がくるいはじめる。

ウンチェは韓国でもトップスターで友達のミンジュのスタイリストとして撮影に同行してオーストラリア・メルボルンを訪れていた。ウンチェは幼なじみのチェ・ユンのことが好きだったが、彼の視線の先にいるのはミンジュだった。一足先に帰国しようとホテルを出たウンチェは強盗に身ぐるみはがされメルボルンの街をさまよっていた。

その時ウンチェはムヒョクのカモにされ売り飛ばされてしまうが、同情心からウンチェを救出する。無事かばんも戻ったウンチェは無事韓国に帰国した。ムヒョクはジヨンの結婚式に乗り込むが、ジヨンの結婚相手の敵対する組織の銃撃を受けてしまう。一命は取り留めたが銃弾を取りきれず余命を宣告される。

ジヨンの愛も失い、余命が短いことを知るムヒョクは母親のいる韓国へと行くことにした。
韓国で双子の姉に会うことができ、貧しいと思っていた母親は大女優のオ・ドゥリで彼女には溺愛する息子がいることを知った。

【登場人物/キャスト】
ソ・ジソプ イム・スジョン チョン・ギョンホ ソ・ジヨン チョン・ヘジン
(チャ・ムヒョク) (ソン・ウンチェ) (チェ・ユン) (カン・ミョンジュ) (ソギョン)
幼い頃にオーストラリアへ養子にだされた。すさんだ生活をしている。ソギョンの双子の弟。 スタイリスト。撮影で訪れたオーストラリアでムヒョクと出会う。幼なじみのチェ・ユンのことが好き。 韓国のトップ歌手。大女優オ・ドゥリの息子。女優のカン・ミンジュが好き。 女優でウンチェの高校時代からの友達。チェ・ユンに恋愛感情はなく友人だと思っている。 ムヒョクの双子の姉。交通事故に会い知能がその時のまま。息子のガルチがいる。

 

>>「ごめん、愛してる」韓国ホームページ(外部リンク)

>>「ごめん、愛してる」あらすじ・相関図詳細(外部リンク)

 



このページの先頭へ