韓国ドラマ「花郎 ファラン」あらすじ・相関図・キャスト

 

花郎(ファラン)」は2016年~2017年に放送された韓国イケメン俳優が出演したことで話題の韓国ドラマです。このドラマは韓国の新羅時代に実在した“花郎(ファラン)”と呼ばれるエリート軍人集団であり文化の担い手でもあった花形組織の創設とそのメンバーの愛と青春を描いたドラマになっています。出演者に若手俳優人気急上昇中のパク・ソジュンをはじめ、活躍の場を広げているZE:Aのパク・ヒョンシク、韓国国内のみならず海外でも注目されるSHINeeのミンホ、韓国・日本・アメリカで爆発的な人気を誇るK-POPグループ防弾少年団のV初出演など今話題の俳優がそろったまさに現代版イケメン集団“花郎”としてキャストが華やかなドラマです。

この「花郎」は韓国ドラマの中でも平均視聴率40%超えの人気ドラマ上位に入る「善徳女王(スンドクヨワン」にもその活躍ぶりが出てくる、新羅に実在した組織です。韓国の歴史ドラマでは朝鮮王朝以前の歴史がドラマ化されることは比較的少なく、この新羅(三国時代)が背景の韓国の歴史ドラマは前述の「善徳女王」と「海神(ヘシン)」「薯童謠(ソヨンド)」くらいしかありません。この時代は日本との関わりも多いため日本と韓国の歴史を知りながら観るのもドラマの楽しみ方の1つです。

お試し無料動画を見たい方は>>> 話題作「花郎(ファラン)」を動画で見る

IMG_2971

花郎(ファラン) ドラマ概要

 

あらすじ:

新羅時代、賎民の村で孤児として育ったムミョンは親友マンムンと彼の生き別れた妹を探しに都に立ち入り、トラブルでマンムンを失う。そんな中、マンムンの父はムミョンに「息子を殺した者の正体を突き止めて欲しい。」と依頼され、ソヌ(マンムン)として犯人を捜すことにする。

一方、宮廷では王の不在のもとチソ太后が実権をにぎっていたが、母により宮廷外に追いやられていたサムメクチョンが都に戻ってくる。チソ太こうは王権をさらに強化しようと青年組織“花郎(ファラン)”を創設することを指示する。

身分を問わず新羅のために組織された花郎の一員となり犯人を突き止めようとするソヌ、身分を隠して花郎になるサムメクチョン、それぞれ事情と出身の異なる青年たちが“花郎”として成長していく。

【登場人物/キャスト】
スクリーンショット_111917_110416_PM スクリーンショット_111917_110522_PM スクリーンショット_111917_110615_PM スクリーンショット_111917_110650_PM
パク・ソジュン Ara パク・ヒョンシク SHINeeミンホ
ソヌ/ムミョン アロ サムメクチョン/真興王 スホ
賎民の村で育つ。身体能力が高い。親友を都で殺されソヌとして敵を見つけるために花郎になる。 貴族の父と賎民の母の間に生まれる。明るく口達者で商売上手。突然兄ソヌができて戸惑う。 顔のない王といわれ7歳で王になったが、実権を握る母に王宮外へとやられる。身分を偽って花郎になる。 親太后派の貴族出身。容姿端麗で優しい微笑で女性を虜にするプレーボーイ。バンリュとライバル同士。
スクリーンショット_111917_110740_PM スクリーンショット_111917_110838_PM スクリーンショット_111917_110944_PM スクリーンショット_111917_111803_PM
ト・ジハン チョ・ユヌ 防弾少年団 V ソ・イジェ
パンリュ ヨウル ハンソン スンミョン王女
冷徹で気難しい性格。新羅の最高権力者の養子。ライバルのスホの妹を好きになる。 新羅で一番美しいといわれる男子。母は先王の妹で王族。妖艶でミステリアス。 天真爛漫で子どものような無邪気な性格。ソヌを兄のように慕う。ソク氏一族の期待を背負い花郎になる。 チソ太后の娘。孤独で冷淡な性格。武芸に秀でているため花郎の指導者となる。

 

>>「花郎 ファラン」韓国ホームページ(外部リンク)

>>「花郎 ファラン」あらすじ・相関図詳細(外部リンク)

 



このページの先頭へ