韓国ドラマ「雲が抱いた月明かり」あらすじ・相関図・キャスト

 

雲が描いた月明かり」は2016年に放送された韓国ドラマで、日本でも人気の時代劇フュージョンドラマです。今や若手人気俳優の仲間入りをはたしたパク・ボゴムと子役出身で時代劇ドラマのベテラン、キム・ユジョンとの共演でも話題となりました。主演のイ・ヨンを演じたパク・ボゴムは「国民の世子(국민 세자)」と呼ばれるほどのはまり役と人気を得ています。ドラマに関連して数々の賞も受賞しています。

最近、韓国では不調といわれていた韓国歴史ドラマで久々のヒットをみせ、制作元のKBSでは2010年の「成均館スキャンダル」以来の韓国時代劇青春ドラマとして最高視聴率25.3%を記録しました。もともとは同題名のWeb小説が原作でその人気の流れで映像美と出演俳優の話題性もあり人気ドラマとなりました。その演出が日本でも人気のドラマ「太陽の末裔」の監督と美しい演出力で定評のあるキム・ソンユン(「恋愛の発見」)が共同で演出を担当しているので納得の仕上がりです。

フュージョンドラマですが、時f代背景の設定は19世紀の朝鮮王朝末期第23代純祖、主人公のイ・ヨンは世子孝明世子のことです。題名にもなっている「雲が描いた月明かり」の“雲”は民を“月明かり(光)”は世子を表していて、民衆の意思で作った(描いた)君主という意味が込められています。その意思が歴史とのフュージョンとしてドラマに盛り込まれています。

お試し無料動画を見たい方は>>> 人気作「雲の描いた月明り」を動画で見る

IMG_2971

見逃した方、まだ見ていない方に吉報です!無料動画配信サービス『U-NEXT』にあります。U-NEXTはどの動画配信サービスより韓流ドラマが充実しています。さらに最新作も豊富。今なら「30日間無料お試しサービス」で他の韓国ドラマもイッキに無料で見放題です。(※作品によっては有料)
詳しくは>>> 「韓国ドラマを思いっきり楽しみたい!というときに役立つ見放題・動画配信サービス比較

雲が描いた月明り ドラマ概要

 

あらすじ:

幼い頃から男装して生きてきたサムノム(ラオン)は、恋愛相談家として相談に日々を送っていた。ある日、代筆を頼まれて恋文を送っていた相手と会うことになるが、そこに現れたのは妹を案じた世子(ヨン)だった。そうとは知らずうまくその場を切り抜けるためにヨンを穴につき落とし逃げてしまう。

そんなサムノムは借金返済のために売られ内官(内侍)試験をうけることになる。女性であることがばれてはマズイとなんとか宮中からの脱出を試みるが、そんな時あのヨンに遭遇する。仕返しをしたいヨンは身分を隠したままサムノムを内官に合格させる。お互いに素性を知らないまま親しくなっていくが、宮中では次期王の地位を狙う勢力が着々と権力を拡大させていた。

政治的な思惑と個人としての感情が絡み合い、2人の間に恋のライバルも現れる。このまま男装がバレずに恋のゆくえはどうなってしまうのか….。単なるラブストーリーに留まらない歴史に思いを託された世子の運命は?

【登場人物/キャスト】
スクリーンショット_021818_010429_AM スクリーンショット_021818_010216_AM スクリーンショット_021818_010339_AM スクリーンショット_021818_010010_AM スクリーンショット_021818_010716_AM
パク・ボゴム キム・ユジョン ジニョン(B1A4) チェ・スビン クァク・ドンヨン
イ・ヨン(世子) ホン・ラオン(サムノム) キム・ユンソン チョ・ハヨン キム・ビョンヨン
遊び好きで世間知らずなツンデレ皇子。実は思慮深く聡明。内官のサムノムが気になる存在に。 子どもの頃から男装して生活する。なりゆきで内官になり、ヨンに仕えることになる。 朝廷の権力者キム・ホンの孫。ヨンの幼なじみで恋のライバル。サムノムが女性だと見抜く。 朝廷の重臣の娘。町で出会ったヨンに一目ぼれ。ヨンの気持ちを知って嫉妬と敗北感を感じる。 東宮殿の別監としてヨンを守る。ヨンが信頼を寄せる親友であり、剣の達人。

 

>>「雲が描いた月明り」韓国ホームページ(外部リンク)

>>「雲が描いた月明り」あらすじ・相関図詳細(外部リンク)

 



このページの先頭へ