韓国でも若者に人気!日本式カレーとカレーグルメおすすめ店3選

インドの伝統料理の一つとして知られている「カレー」。日本では家庭料理として一般化して“おふくろの味”といえばカレーという方も多いほど、各家庭に浸透しています。

香辛料の強い香りが魅力的なこの料理はインドで始まりタイ、日本、そして韓国まで順番に広まり始めたのですが、今ではインドの料理だという感じより一般家庭で好んで食べる家庭食というイメージがもっと強くなったと思います。

韓国ではもともとカレーには馴染みがありませんでしたが、2008年に日本のカレーチェーン「CoCo壱番屋」が江南に一号店を開店し韓国に進出することで“日本式カレー”として若い人達の間で人気になり、2018年には30号店をソウル市内の鍾路タワーに開店するほどになっています。

CoCo壱番屋 韓国情報

韓国の大手食品会社「農心」と「CoCo壱番屋」の合弁によって韓国の江南に2008年に1号店をオープン。韓国店のみで“ルーお替りサービス”を実施している。
江南店:CoCo壱番屋 江南店
住所:ソウル特別市 江南区 駅三洞 619-4, 103号(서울특별시 강남구 역삼동 619-4, 103호)
営業時間:11:00~22:30
言語:一部スタッフ日本語可、英語
URLCoCo壱番屋(韓国)/ 韓国CoCo壱番屋

スポンサーリンク

海外にいくとなんだか食べたくなる、現地の食事にも飽きたというときにはカレーはいかがですか?そんな時におすすめしたい韓国で味わえるカレーグルメをご紹介します。

韓国で味わえるカレーグルメはどこ?

カレーってどこも同じなんじゃないの?と思う方がいらっしゃると思いますが、カレーって誰が作るかによってそれぞれ味も変わるようなものです。そこで今回は、韓国のカレー料理師が披露する個性的なカレーグルメについて紹介いたしました。

韓国カレーグルメ1:インド伝統のカレー『ジョティ・レストラン』

image1

インドやネパールの伝統カレーを味わえる『ジョティ・レストラン』。
こちらはセットメニューを注文するとサラダからスタートし、タンドリーチキン、カリ、じゃがいも料理、ナン、ご飯、ラシーまでカレーをまともに味わえるフルセットが食卓上に登場します。
インドのカレー専門店らしくナンもとてもシコシコして香ばしいですし、ここにいろんな種類のカレーを添えて食べたら、その味は完璧に近いと言っても過言ではありません。
このようにさまざまな種類のカレーを味わいたいなら、一度訪れてみることをおススメします!

住所:ソウル市麻浦区老姑山洞31-4
電話:02-703-3535
営業時間:11:30-22:00(休み時間14:30-17:00)

韓国カレーグルメ2:日本式カレーを味わえる『のだめ』建大店

image2

今回は、皆さんが普段よく食べている日本式カレーについて紹介したいと思います。
日本のカレーでけど韓国にいると故郷の味が恋しくなる時ってありますよね。特にここは韓国の大学生たちがよく訪問して食事をする所であるだけに、流行に合わせて鶏の胸肉とエビフライ、そしてとんかつにクロケットまで本人の好みに合わせてトッピングを選択できるという魅力があります♡
もし種類が多すぎて一つを選ぶのが難しいというなら、いろいろな天ぷらがある盛り合わせカレーをおすすめします。

住所:ソウル市広津区花陽洞2-10
電話:02-461-1919
営業時間:11:00-21:00
言語:日本語可

韓国カレーグルメ3:異色的なフュージョンカレー『BARN110』

image3

インドとネパール式のカレー、そして日本式のカレーまで紹介したとしたらその次はフュージョンカレーでしょう!
ここは他の国では味わえないユニークなフュージョンカレーを披露するレストランなんですが、ここだけの独特なコンセプトをお見せするのはもちろん、ステーキにエビ、そしてチキンなどさまざまなトッピングのカレーが用意されていて食事の度に訪問したくなる所でもあります♪
さらに、甘辛いタイ風のソースとアサリを一緒に炒めた異国的なアジア料理も別味というから、興味のある方は一度訪れてみることをおススメします。

住所:京畿道高陽市一山東区鼎鉢山洞1334-5
お問い合わせ:031-908-1968
営業時間:11:00-22:00(休憩時間16:00-17:00,火曜日休み)

いかがだったでしょうか?今まで韓国で味わえるカレーマニアのためのカレーグルメについて紹介いたしました!
カレーは年齢に関係なくみんなが大好きな食べ物の一つでもありますが、海外だからこそそこだけの魅力を持つカレーを味わいたいと思う方はぜひこの話を参考にしてみてください♪

 

こんな記事も読まれています



サブコンテンツ

このページの先頭へ