韓国ドラマ「花遊記/ファユギ」あらすじ・相関図・キャスト

韓国ドラマ「花遊記/ファユギ」はイ・スンギ除隊後初めてとなるドラマとして注目されました。

「花遊記」は、日本でもよく知られドラマ化も数回されている古代小説「西遊記」を現代物にアレンジしたロマンチックファンタジー。共演者も豪華で牛魔王役にチャ・スンウォン、猪八戒役にFTISLANDのイ・ホンギが出演しています。また助演の俳優も豪華、さらにカメオ出演でチャン・グンソクが出演しているのでみどころが随所にあります。

脚本はヒットメーカーとして有名なホン姉妹で、過去のドラマでも今回の出演者がキャスティングされています。また本ドラマの出演(監督/PD)を手掛けたパク・ホンギュンPDもホン姉妹と幾度かタッグを組み違った意味でも興味深いです。

  • 美男子〈イケメン〉ですね」2009年 チャン・グンソク、イ・ホンギ
  • 僕の彼女は九尾狐〈クミホ〉」2011年 イ・スンギ
  • 最高の愛~恋はドゥグンドゥグン~」2011年 チャ・スンウォン、パク・ホンギュンPD
  • 主君の太陽」2012年 (コン・ヒョジン、ソ・ジソプ)
  • 幸せのレシピ~愛言葉はメロンドット~」パク・ホンギュンPD 

なお、このドラマに関しては制作や放送にトラブルがありましたが、視聴率は平均6%と平昌オリンピック期間中のわりには堅実な数字となっていました。

スポンサーリンク

花遊記/ファユギ ドラマ概要

あらすじ:

幼いころから妖怪たちが見える能力を持つチン・ソンミは学校でいじめられていた。そんな時、悪鬼におそわれているソンミを助けてくれるというウ・フィ(牛魔王)と出会う。

悪鬼を退治できる牛魔王の杖をほしがるソンミに「芭蕉扇をもってこれたら、この傘をやる」と言う交換条件で五行山へ向かう。

そこで閉じ込められていたソン・オゴン(孫悟空)に 「おまえが辛い目にあった時 俺の名前を呼べば いつでもどこでも現れて助けてやる!」と言われオゴンの結界を解を脱出させる。

しかしソンミを使い外に脱出に成功したオゴンは、ソンミの記憶から自分の名前を消して約束を守ることなく、そのまま消えてしまう。

25年後、オゴンの脱出原因を作ったウ・フィはオゴンと一緒に住んで苦労していた。一方ソンミは、自分の能力を発揮し、「廃屋専門の不動産」を運営しながら自分を騙して消えたオゴンを捜し続けていた。

そんなある日、悪鬼を退治した時「血をのみ、肉を食べたら無敵になる」と言われている三蔵法師の血を受け継いだ人間が現れたと聞かされる。

ウ・フィとオゴンはその三蔵法師の人間を探し、ソンミにたどり着く。なんとその三蔵法師はオゴンがかつて裏切ったソンミだった。

再会を果たした2人だったが、彼女の血を求めて群がる妖鬼たちから彼女を奪われないように仕方なく彼女を守ることになる。

ソンミは守られている安心感を感じる一方、オゴンを縛る腕輪がなくなると彼が去ってしまうのではないかとの寂しさを感じずにはいられなかった。

一方オゴンは腕輪の強制力でソンミを守るために自由を失いソンミはいなくなって欲しい存在だが、時折ソンミが見せる寂しげな表情に心が痛むようになる。果たしてこの“痛み”は何の痛みなのか、自分の気持ちがわからなくなっていく。

【登場人物/キャスト】
孫悟空 牛魔王 ソンミ 猪八戒キャプチャ 沙悟浄
ソン・オゴン ウ・フィ チン・ソンミ P.K ユン・デシク
イ・スンギ チャ・スンウォン オ・ヨンソ イ・ホンギ チャン・グァン
孫悟空。放漫で乱暴。超自信家。その性格と素行の悪さで天界を追放され五行山に閉じ込められていた。ソンミ/三蔵法師の守護者。 牛魔王。現代では芸能プロダクション会社社長。人気者で目立ちたがり屋。かつて天界で愛した女性を救うために仙人をめざす。 三蔵法師。妖怪や悪鬼が見える。不動産会社経営。孤独な生い立ちのためかなり寂しがり屋。妖鬼を退治する魔除けの傘を持っている。 猪八戒。韓国最高のスター。オゴンを兄と崇める。お調子者でプレイボーイ。コミュニケーション能力が高く情報通。 沙悟浄。大企業の会長。オゴンを兄と慕い人間界で彼の世話をするのが生きがい。穏やかで優しい人格者。

 

>>>「花遊記/ファユギあらすじ・相関図詳細(外部リンク)

>>> 「花遊記/ファユギ韓国公式サイト(外部リンク)

 

こんな記事も読まれています



サブコンテンツ

このページの先頭へ