チ・チャンウク現役入隊で韓国軍きっての精英部隊 第3歩兵師団へ

 

2017年8月14日に韓流スターのチ・チャンウクが2年間(1年9ヶ月)の兵役義務につくために入隊しました。まず5ヶ月の新兵訓練が終了した後、各陸軍の部隊に配属となります。通常、新兵訓練は論山(ノンサン)にある陸軍訓練所で行われますが、ここで収容しきれない場合、各師団にある新兵教育隊で行うこともあります。

 

チ・チャンウクの場合、江原道(カンウォンド)の鉄原(チョロン)にある陸軍第3師団の新兵教育隊に入ります。この師団は通称「白骨部隊」と呼ばれていてシンボルマークが“頭蓋骨”です。各師団での新兵訓練後は別の師団に配属になることもありますが、この第3師団(=白骨部隊)はそのまま同じ師団で兵役を行うことが通例となっているようです。

この部隊は韓国海兵隊と並ぶ訓練の厳しさで知られていて、チ・チャンウクにも今後の兵役の厳しさが待っていることでしょう。無事、兵役が終わることを祈りたいですね。その後の成長を期待してまたドラマで見れるのを楽しみにしたいです。

 >>> チ・チャンウクのドラマを無料動画で見る

チ・チャンウク所属の韓国陸軍屈指の精英部隊第3歩兵師団とは

この韓国陸軍第3歩兵師団はなかなか特徴のある部隊なので少し解説します。
この第3歩兵師団は韓国陸軍の中でも最も古い師団の一つで中部戦線最前線を守る精英師団です。正式な位置付けは韓国陸軍‐第3野戦軍‐第5軍団‐第3歩兵師団です。(>>韓国軍隊の構成を見る)シンボルマークが“頭蓋骨”なんて強烈ですが、このマークは「死んで白骨になっても故郷の地を取り戻す」意志をヘルメットに書いたところからきていると言われています。

スクリーンショット_081417_013012_PM

 >>> 韓国第3歩兵師団について詳細(韓国陸軍広報ブログ)

朝鮮戦争時の1950年10月1日に38度線を初めて突破し北進し北朝鮮軍を追い込んだのがこの第3歩兵師団で、これにちなんで「国軍の日」制定の起源となっています。(毎年この10月1日から3日間程度「韓国陸軍地上軍フェスティバル」が開かれています。兵役中の韓流スターも登場するイベントです。)

韓国では兵役の出身部隊でよく話が盛り上がるといいますが、それほど韓国の男性にとっては兵役経験は人生の中でも大きな位置を占めているわけです。一説には就職の履歴書欄には兵役経験と出身部隊を書くようになっているようですが。。

特にこの第3歩兵師団の結束は強固なようでOB会の「白骨戦友会」なるものがあります。なかなかハードな部隊ですね。ここの出身の最近の芸能人は、

  • チンソン(チョン・チョンソク)2011年~2013年
    「王女の男」「朝鮮ガンマン」「最高の彼女」
  • 超新星ゴニル 2016年4月26日入隊、兵役中(2018年1月25日転役除隊予定)

みんな無事、兵役を終えて元気な姿をみせてくれる2年後を楽しみ待っています!



サブコンテンツ

このページの先頭へ