ドラマ「私の名前はキム・サムスン」のあらすじ・相関図・キャスト

 

ドラマ「私の名前はキム・サムスン」は2005年に韓国で大ヒットした恋愛コメディードラマです。最高視聴率50.5%、平均視聴率38%を記録し主役のキム・ソナ、ヒョンビンはMBC演技大賞で共に最優秀賞を獲るなど話題のドラマでした。

三十路を目前にした女性の心理を上手く描いているこの作品は女性にはリアルでもあり、客観的にみるとおかしくもあり主人公キム・サムスンの言動に共感できるのがいいです。

 

ドラマ概要

日本語題名:私の名前やキム・サムスン

韓国語題名:내 이름은 김삼순(2005年韓国MBC)

演出:キム・ユンチョル

出演:キム・ソナ/ヒョンビン/チョン・リョウォン/ダニエル・へニー

 

あらすじ:

キム・サムスンは職業パティシエ、平均女性に比べるとちょっと太めな三十路目前の女性。しかも自分の名前“サムスン”にコンプレックスを持つ。クリスマスイブだというのに職を失い、落ち込んでいるのに彼氏に別れを切り出される始末。失恋のショックで男子トイレで泣いていたところを、そのホテルの経営者の息子ヒョン・ジノンに見られてしまう。明らかに年下の男に悪態をつかれ不愉快なサムスンだったが、翌日から気を取り直して職探しとお見合いに挑む。

お見合いの相手としては条件が悪いサムスンだったが、この機を逃したら一生結婚できないと焦りが募るばかり。一方、パティシエとしての腕には自信があり売り込みをかける。そんな時あの男子トイレであったジノンに腕を見込まれそのジノンが経営するイタリアンレストランのパティシエとして働くことになる。

順調に仕事をスタートさせたサムスンに、幼馴染みのチェリから婚約パーティーのケーキ作りを依頼されプロとして引き受けるサムスンだったが、その相手はかつてサムスンを振った浮気男の元彼だった。そんな折、サムスンの家が父親の借金の形に抵当に入ってしまう。5000万ウォンで買い戻さないと家を失ってしまうサムスンは丁度、社長のジノンがお見合いを断るための口実として恋愛契約を結び、お金を調達する。最初はお金のために渋々恋人のふりを引き受けていたサムスンだったが、次第にジノンに興味がわいてくる。財閥特有の高慢さと孤独さかと思えたが、家族に関する過去を引きずっていた。。。

 

【登場人物/キャスト】
サムスン2 ジノン2 ヒジン2 ヘンリー 元彼2
キム・ソナ ヒョンビン チョン・リョウォン ダニエル・へニー イ・ギュハン
(キム・サムスン役) (ヒョン・ジノン役) (ユ・ヒジン役) (ヘンリー役) (ミン・ヒョヌ役)
三十路目前のちょっと太めな独身女性。職業パティシエ。自分の名前が嫌い。 レストランを経営する、若い実業家。実家はお金持ちだが、過去に秘密がある。 ジノンの元彼女。3年ぶりにアメリカから韓国に帰国。今でもジノンに心をよせる。 アメリカで医者をしている。ヒジンのことが好きでアメリカから韓国まで追ってくる。 サムスンの元彼氏。婚約者がいるのにサムスンのことを追いかけ回す浮気男。

 

>>「私の名前はキム・サムスン」相関図(外部リンク)

>>「私の名前はキム・サムスン」詳細あらすじ外部リンク)

>>「私の名前はキム・サムスン」韓国MBCサイト(外部リンク)

 



このページの先頭へ