ドラマ「私の心が聞こえる?」相関図・あらすじ・キャスト

 

ドラマ「私の心が聞こえますか?」はドンジュ役のキム・ジェウォンが内容に惚れて出演を決めた兵役後、初の作品です。ホームドラマにヒューマンドラマを合わせ、そこにロマンスをプラスした感動のドラマです。

2011年の視聴率ランキング2位(韓国)で、キム・ジェウオンはこの役で優秀賞を受賞しています。脇を固める人物もドラマの完成度と内容の充実にかなり貢献している作品です。

 

ドラマ概要

日本語題名:私の心が聞こえる?

韓国語題名:내 마음이 들리니?(2011年韓国MBC)

放送:全30話

脚本/演出:ムン・ヒジョン/キム・サンホ

出演:キム・ジェウォン/ナムグン・ミン/ファン・ジョンウム/イ・ギュハン

 

あらすじ:

主人公の子ミスク(ウリ)は将来“ピアニスト”を夢見る少女。しかし家が貧しくピアノを習う余裕もない。耳の不自由な母親ミスクを持ち母親の再婚相手も知的障害を持つが心根の優しいヨンジュという男性とその息子マルと家族になる。しかしマル(ジュナ)は自分の家族を恥じて寄りつこうとしない。

ある日、子ミスクはソウルから来た資産家の息子ドンジュにピアノを教えてもらう約束をして仲良くなる。ドンジュ一家に偶然遭遇したヨンジュは初対面ではないことをつげるが、ドンジュの父親ジンチョルに否定されてしまう。そんなジンチョルに疑いを持つ妻のヒョンスクは、夫が実家を乗っ取ろうとしていることを知る。しかも昔、秘書をしていたシネとの間に子どもがいた。そんな夫の裏切りを息子のドンジュが窓の外から聞いてしまい、驚きのあまり転落事故を起してしまう。

一方、子ミスクは新しい家族ができたことを喜ぶが工場の火災により母親を亡くしてしまう。母ミスクは火事の責任を一方的にとらされ、ヨンジュは火事現場にいたことで警察に捕まる。この惨事で頼る人はヒョンスクしかいないと思い立ち、最初で最後のお願いとヒョンスクに助けを求めるために、一緒にいてくれと泣く子ミスクに「すぐ戻る。」と言い残し行方不明になってしまった。残された子ミスクは母親との約束だからとスングムとヨンジュと暮らすことにする。ドンジュは子ミスクにピアノを教える約束を守れないまま事故以来、頭を打った後遺症で耳が聞こえなくなっていた。

マルが行方不明になって十数年が経ち、相変わらずマルの行方を捜し続けるウリ達だったが、町で偶然耳にした言葉が昔のマルの口癖と同じだった。絶対にマルだと確信したウリだが、見失ってしまう。十数年の時を経て偶然が引き寄せる3人と家族の思いが絡み合いもどかしくも心温まるドラマです。

 

【登場人物/キャスト】
ドンジュ ジュナ1 ウリ1
キム・ジェウォン ナムグン・ミン ファン・ギョンウム イ・ギュハン コ・ジュンヒ
(チャ・ドンジュ役) (チャン・ジュナ役) (ホン・ウリ役) (イ・チョンスル役) (カン・ミンス役)
ウギョングループの後継者。子どもの頃の転落事故で耳が聞こえなくなってしまう。父親の裏切りを知って苦悩する。 複雑な家庭で育ち、自分の家族を嫌っていたが、ドンジュの義兄となり弟の支えになろうと決心する。 ジュナ(マル)と親の再婚で兄妹となる。幼いころに出て行った兄のゆくえをずっと探す。明るく気が強い。 チキン屋の息子でウリの幼馴染み。ちょっと軽い性格でウリのことが好き。 ウギョングループでドンジュが経営する会社の研究員。ジュナの同僚で頭脳明晰。

 

>>「私の心が聞こえる?」相関図(外部リンク)

 



このページの先頭へ