ドラマ「馬医」の相関図・あらすじ・キャスト

 

ドラマ「馬医」は韓国時代ドラマの巨匠といわれるイ・ビョンフン監督の最新作品です。

チャングム(長今)やトンイ等、歴史的にこれまで注目されなかった人物にスポットをあててドラマ化された作品が多くあります。

この馬医の主人公ペク・クァンヒョン(白光炫)もまた実在の人物で記録には李氏朝鮮の第18代顕宗~第19代粛宗の御医(オイ)を務めた人です。もともとは馬(動物)の獣医官でしたが独学で針の治療法を学び、その応用技術が認められ御医にまでなった人です。2012年MBC演技大賞で4つの賞を獲得した作品です。

 

ドラマ概要

日本語題名:馬医

韓国語題名:마의 馬医(2012年韓国MBC)

放送:全50話

脚本/演出:キム・イヨン/イ・ビョンフン

出演:チョ・スンウ/イ・ヨウォン/ソン・チャンミン

 

あらすじ:

父親を事実無根の謀反罪で父を失ったクァンヒョンは養父に育てられやがて馬医となる。階級制度の厳しい当時の李氏朝鮮では馬医は白丁(ペクチョン)とよばれ最下層の賤民として扱われていた。しかし聡明さと好奇心で馬医の技術が人間にも応用できないかと独学で医学を学ぶようになる。

その医学の知識と腕を見込まれて恵民署(ヘミンソ)の医学生となる。その後、努力のかいがあり、宮中の医療の最高峰である内医院(ネイウォン)の医官となる。医官になったファンヒョンは第18代王顕宗の病気を治した功績が認められ御医(オイ)となる。

 

【登場人物/キャスト】

チョ・スンウ イ・ヨウォン ソン・チャンミン イ・サンウ
チョ・スンウ イ・ヨウォン ソン・チャンミン イ・サンウ
(ペク・クァンヒョン役) (カン・ジニョン役) (イ・ミョンファン役) (イ・ソンハ役)
ドラマの主人公。父親の冤罪により罪人の子になるはずが奴婢の子と入れ替わり、命を救われる。針による馬医になり、後に王の御医となる。 幼いころに罪人の息子クァンヒョンと入れ替わった女の子。奴婢として生きていたが、イ・ミョンファンの罪滅ぼしとしてカン家の後継者として両班の子として育てられる。 昔ファンヒョンの父親を裏切って冤罪をきせた人。昭顕世子の暗殺について真実を知る人物。 イ・ミョンファの息子。若くして科挙に合格した美男子。幼いころから一緒に育ったジニョンに恋心をいだく。

>>「馬医」相関図(外部リンク)

>>韓国MBC「馬医」韓国サイト(外部リンク)

 



サブコンテンツ

このページの先頭へ