ZE:Aイム・シワンの兵役決定!2017年7月11日現役入隊へ

 

K-POPグループZE:Aシワンが2017年7月11日の現役入隊を発表しました。年齢ではまだ28歳なので兵役のタイムリミットには余裕がありますが、早い時期の入隊のうわさが現実となったかたちです。

韓国ドラマファンにはイム・シワンと言ったほうが馴染みがあるかもしれませんね。私も俳優としてのイム・シワンを応援しているので、兵役の2年は長いですね。しかし最近では兵役経験を糧に芸能活動を飛躍させる韓流スターも多いため期待したいところです。

特に韓国では「兵役」に関する国民の評価や目は厳しく、朝鮮半島の情勢が緊迫しているため更なる関心を集めています。特に特権に対する風当たりは強いため“現役での”入隊にこだわる人も多いようです。

>>> 兵役の詳しい情報を見てみる

>>> 韓流スター兵役 2017年~2018年の入隊・除隊情報

※現役とは陸・海・空の“軍隊”に入隊することです。同じ兵役でも義務警官という切り替え服務もある。

イム・シワンの演技力が評価された『ミセン-未生-』は秀作

私は正直ZE:Aの歌手としてのシワンよりは俳優としてのイム・シワンに注目しています。なんといっても俳優として光るものを感じたのが2012年の『太陽を抱く月』の演技です。出番はそれほど多くありませんでしたが本国韓国では“ホ・ヨム旋風”が起こるほどの強烈な印象を残しました。このドラマをきっかけに俳優としてのイム・シワンの可能性を多いに感じさせるドラマや映画の出演が多くなりましたね。

>>> イム・シワンの出演作とプロフィール

私のイチオシは2014年のドラマ『ミセン-未生-』です。日本でも中島裕翔主演の『HOPE』としてリメイクされました。

>>> 韓国ドラマ「ミセン」について詳しく見る

このドラマの中で現在の韓国の若者の置かれた状況を体現した演技がかなりリアルで共感できました。今の韓国の若者を取り巻く社会事情も知れる見ごたえのあるドラマです。このドラマで俳優としての評価を上げた出演者も多く必見です。2014年のコリアドラマアワードでは作品賞を受賞しています。

イム・シワン出演のドラマや映画を動画で振り返る

演技に一定の評価のあるイム・シワンですが意外にも出演作品は多くありません。それが驚きと今後に期待できるところです。兵役のブランク中にイム・シワンの演技を振り返って、兵役後の成長を楽しみにしたいですね。

イム・シワンの作品を今から観るなら動画視聴おすすめです。毎月定額ですべての動画コンテンツが見放題といううれしいもの。筆者は韓流・華流のタイトルが充実しているU-NEXTがおすすめですが、『ミセン-未生-』だけはdTVで視聴が可能です。

イム・シワン1

>>> U-NEXTの無料お試しで「イム・シワンのドラマ」を見てみる

IMG_2582_070617_122648_AM

>>> dTVの無料お試しで『ミセン』を見る

取扱いタイトルが違う動画サービスでも「無料お試し期間」で好きなドラマや映画が見放題です。見終わって必要なければ期限内に解約すれば料金は発生しません。すごくうれしいお試しキャンペーンです。

それぞれの動画配信サービスには特徴があるので自分に合ったサービスを試してみてね。
今ならどちらも『31日間無料体験』を実施しています。詳しくは>>>

韓国ドラマを思いっきり楽しみたい!というときに役立つ見放題・動画配信サービス比較」を参考に。



サブコンテンツ

このページの先頭へ